アビームコンサルティングの年収はどのくらい?転職成功のカギは?気になる情報を詳しく解説!

アビームコンサルティングの年収はどのくらい?転職成功のカギは?気になる情報を詳しく解説!

アビームコンサルティングは、高い専門性と実績を持つコンサルティングファームとして高い人気を誇ります。その一方で、転職を考える際には年収事情が気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、アビームコンサルティングの特徴や強み、年収水準、待遇・福利厚生について詳しく解説するとともに、同社への転職を成功させるためのポイントやOB/OGネットワークを活用した転職支援サービスの利点についてもご紹介します。

アビームコンサルティングへの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アビームコンサルティングの概要

アビームコンサルティングは、日本発のグローバルコンサルティングファームとして、国内外の企業や組織に対して幅広いサービスを提供しています。ここでは、同社の特徴や強み、そしてコンサルティング業界における位置づけについて詳しく見ていきましょう。

会社の特徴と強み

アビームコンサルティングは、1981年に設立された日本発のグローバルコンサルティングファームです。マネジメントコンサルティング、ビジネスプロセスコンサルティング、ITコンサルティングなど、幅広いサービスを提供しています。特に、大企業向け基幹システムの「SAP」導入に関するコンサルティングに強みを持ち、日本国内でトップクラスのシェアを誇ります。

同社は「 Real Partner® 」をスローガンに掲げ、クライアントとの長期的な信頼関係構築を重視しており、単なる理論的な提案だけでなく、実行支援によってクライアントの変革を実現へと導くことを目指しています。

コンサルティング業界での位置づけ

アビームコンサルティングは、国内の総合系コンサルティングファームとして大手の一角を占めています。2023年3月期の連結売上高は1,217億円であり、国内専業コンサルティングファームとしてはトップクラスの規模を誇ります。

同社は、製造業、流通業、金融業など幅広い業界に対してサービスを提供しており、特に基幹システム領域での実績が際立っています。近年は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の分野にも注力し、AI、IoT、ブロックチェーンなどの先端技術を活用したコンサルティングサービスの強化に取り組んでいます。

アビームコンサルティングの年収

アビームコンサルティングの年収は、コンサルティング業界の中でも高水準にあると言われています。ここでは、同社の年収水準と決定要因、そして職位別の年収例について詳しく見ていきましょう。

年収水準と決定要因

アビームコンサルティングの平均年収は、743万円(平均年齢32歳)と高水準にあります。同社の年収は、基本給、残業代、賞与の3つの要素で構成されています。

基本給は職位に応じて決定され、残業代は実際の残業時間に基づいて支給されます。賞与は年2回(6月と12月)の基準賞与と、年1回の評価賞与からなり、個人の業績評価によって金額が変動します。

年収の決定要因としては、職位、経験年数、プロジェクトでの貢献度、組織への影響力などが挙げられます。特に、マネージャー以上の職位では、個人の実力と成果が年収に大きく反映される傾向にあります。

職位別の年収例

    アビームコンサルティングの職位は、下から順に以下の7段階に分かれています。

    • ビジネスアナリスト(1〜2年目):550〜650万円
    • コンサルタント(2〜6年目):650〜750万円
    • シニアコンサルタント(5〜9年目):750〜1,200万円
    • マネージャー(8年目〜):1,100〜1,400万円
    • シニアマネージャー(12年目〜):1,250〜1,900万円
    • ディレクター(15年目〜):1,800万円〜
    • プリンシパル(20年目〜):2,500万円〜

    職位が上がるにつれて年収も大きく増加し、20代でも1,000万円に到達することが可能です。ただし、マネージャー以上への昇進には高いハードルがあり、評価次第で昇進のスピードに差が出るのが特徴です。

    アビームコンサルティングの待遇・福利厚生

    アビームコンサルティングでは、従業員のモチベーションを高め、長期的なキャリア形成を支援するために、様々な待遇や福利厚生制度を用意しています。ここでは、同社の各種手当、教育制度とキャリアパスについて詳しく見ていきましょう。

    各種手当

    アビームコンサルティングでは、従業員の長期的な活躍を支援するために、カフェテリアプランや確定拠出年金制度などが用意されています。これらの制度を活用することで、ワークライフバランスの充実や将来に向けた資産形成を図ることができます。

    次に、アビームコンサルティングの教育制度とキャリアパスについて見ていきましょう。

    教育制度とキャリアパス

    アビームコンサルティングでは、従業員の成長をサポートするために、充実した教育制度を用意しています。入社時には、コンサルタントとしての基礎スキルを習得するための新人研修が行われます。その後も、職位に応じた研修や、専門分野に特化した研修など、様々な学びの機会が提供されています。

    また、同社では、コンサルタント職とエキスパート職などのキャリアパスが存在し、従業員は自身の目標に合わせて、キャリアを築いていくことができます。コンサルタントとしてのスキルを磨きながら、マネージャーやディレクターといった管理職を目指すこともできますし、専門分野のエキスパートとして活躍することも可能です。

    こうした教育制度とキャリアパスによって、アビームコンサルティングでは、従業員一人ひとりが長期的に活躍できる環境が整えられています。

    アビームコンサルティングへの転職成功のカギ

    アビームコンサルティングへの転職を成功させるためには、同社が求める人材像を理解し、必要なスキルセットを身につけることが不可欠です。また、選考プロセスを把握し、適切な対策を講じることも重要となります。ここでは、アビームコンサルティングが求める人材像とスキルセット、そして選考プロセスと対策について詳しく見ていきましょう。

    求められるスキルと人材像

    アビームコンサルティングは、高い専門性と問題解決能力を持ち、クライアントと協働してプロジェクトを成功に導ける人材を求めています。具体的には、以下のようなスキルセットが重視されます。

    ・自ら考え行動できる人

    ・周りを巻き込んで前に進める人

    ・チャレンジを楽しめる人、負けない人

    これらをすべてを満たさなくとも、自身の特性に当てはまるものがないか振り返ってみましょう。

    選考プロセスと対策

    アビームコンサルティングの選考プロセスは、主に以下のステップで構成されています。

    応募
    書類選考・筆記試験
    面接(複数回)
    ・現場のコンサルタントが面接官となることが多い
    ・通常面接とケース面接がある
    内定・採用条件提示

    選考対策としては自己分析を徹底し、自分の強みや経験をアピールできる職務履歴書を準備することが重要です。

    面接では、なぜアビームなのかを明確に伝え、同社の求める人物像に即したアピールをすることがポイントです。また、コンサルティングの基礎知識や業界動向についても押さえておくと良いでしょう。さらに、ケース面接対策として、フェルミ推定や論理的思考の練習を重ねることをおすすめします。

    まとめ

    コンサルティングファームへ転職を目指す際に、実際に志望企業に在籍していたOB/OGに相談することは有効な選択肢の1つです。

    GradsGuide」のようなコンサルOB・OGに直接話が聞ける転職相談プラットフォームを利用することで、アビームの卒業生から実体験に基づくアドバイスを受けられます。

    また、同社で働くリアルな姿や転職後のキャリアイメージを掴むことができ、転職理由や志望動機の明確化にも役立つことでしょう。アビームに対する企業理解を深め、実践的なアドバイスを得ることで、 よりスムーズな転職が可能性になります。

    OB/OGネットワークを上手に活用して、自身のキャリアを加速させてください。

    コンサルティングファームへの転職に悩んだら

    GradsGuideは経営コンサル業界への転職者向けの転職相談プラットフォームです。
    あなたの行きたいコンサルティングファームの卒業生にオンラインで転職相談ができます。

    相談できるガイド会員はMBB・Big4など大手コンサルティングファームの卒業生が多数在籍しています。
    もし以下のようなお悩みがあったらぜひご相談ください!

    • 選考が進んでいるものの、業界未経験なのでまだ働くイメージがつかめない...
    • 総合コンサルティングファームってどこも同じに見えるけど何が違うの?
    • 内定もらったけど入社後に活躍できるか不安...
    • いち早くプロモーション(昇格)して活躍するために必要なことって何?

    メディア一覧に戻る

    関連記事